HOME ▶ キャンパス長あいさつ
通信制課程とは
キャンパス長ごあいさつ
さくら日記
中学生
中学生
中退・社会人
鹿島学園高等学校
KOKOKARA
資料請求・お問い合わせ
 

はじめまして。鹿島学園高等学校のキャンパス長でございます。48歳、3人の子供のお母さんです。
教育関係のお仕事をしていたことや、子供の1人が高校1年生の時に不登校になり通信制の学校に通ったことから、不登校や、ひきこもる子、学校に行っているがその場所が合わない子供達がたくさんいることを知りました。

我が家の子供もまわりより少しペースがゆっくりで、大人しい子ですが、感性が豊かで発言や思想がとてもユニークです。
サポート校にはこの子と同じような子供達も多く、ある時からそれは個性なんだと思えるようになり、逆にこの子達の可能性がとても楽しみになりました。

子育てをしていて感じるのは、現代の子供達は守られ過ぎており生きる力が弱く、困ることをなるべくさせない環境が考える力をなくさせています。
自分も傷みを知らないから、人の痛みもわからない。頑張れないのではなく頑張らない。
そしてすぐにあきらめてしまう。

練馬キャンパスでは、勉強以外にも体験から学ぶ学習を多く実施したいと考えています。
その体験の中で困ることや、辛いことを通して考えること、行動することなどが、自然にできる心の強い人間を育成したいと思います。

「なぜ学ぶことが大切なのか」 「生きる為に必要なこと、とは何か」その答えを子供達がそれぞれの考え方で見つけてほしい。
そんな想いからこのキャンパスは開校しました。

最後にまだまだ未熟者です。
かなりおっちょこちょいなので、まわりにはサザエさんと呼ばれることもありますが、子供達と一緒に悩んだり、泣いたり、笑ったりしながら共に成長していきたいと思っています。
ご興味を持たれた方は是非1度、教室に遊びにいらしてください。

練馬キャンパス:キャンパス長 中里 千恵 
   
 
ホーム
ホーム 学習スタイル キャンパス紹介 料金 アクセス 資料請求・お問い合わせ